三井ダイレクト損害保険は26日、「オートキャンプの利用」に関するアンケート調査の結果を公表した。それによると、オートキャンプに行ったことがあると答えた人は全体の15.8%だったが、20代女性のうちの61.5%がオートキャンプに行ってみたいと思っていることがわかった。

アンケート調査は、運転免許があり自分名義の車を保有している20代から60代の男女を対象に行った。全回答者5278人に「10年以内に行ったことのあるキャンプ」について聞いたところ、「オートキャンプに行ったことがある」と答えたのは15.8%で、年代別では20代が最も多く20.1%だった。また一緒に行く相手(複数回答)は、「配偶者または恋人」が61.9%、「友人」49.6%、「子供」45.3%の順だった。

一方、10年以内にオートキャンプに行ったことがないと答えた人に、オートキャンプに行ってみたいかと聞いたところ、「是非行ってみたい」または「誘われたら行ってもいい」と回答したのは男女ともに20代が最も多く、このうち男性は69.9%、女性も61.5%といずれも6割を超えた。またオートキャンプに行かなかった理由としては、「身近に行く人がいなかったから」が44.6%と最も多く、年代別にみると男性は30代(45.3%)、女性は20代(55.9%)となった。