愛知製鋼は、2010年9月中間期の連結決算業績見通しを修正した。

同社は前期に繰延税金資産を全額取り崩し、その後に収益が回復したため、同じく前期に一部を計上した。今回、自動車生産台数の回復などから、上期の業績が好調に推移しているため、繰延税金資産の回収可能性を見直した結果、将来の減算一時差異について全額繰延税金資産として計上が可能と判断した。中間期に法人税等調整額として約64億円を追加計上する。

中間期の当期純利益は37億円を予想していたが104億円となる見通し。

通期業績見通しは売上高が2060億円、経常利益が100億円と据え置いた。最終利益は65億円を予想していたが125億円となる見通し。