JSRは、植物由来材料であるポリ乳酸と熱可塑性樹脂を複合化したバイオ樹脂「BIOLLOY」を開発、11月から市場投入する。

新製品は、用途に合わせて植物由来材料であるポリ乳酸の配合率を5〜80%の間で変更可能なポリマーアロイで、既存の一般的なバイオ樹脂に比べて約5倍の耐衝撃性を実現したとしている。

今回開発したBIOLLOYは、独自技術で石油由来樹脂と植物由来材料であるポリ乳酸との相溶性を向上させたことで、耐衝撃性、成形性といった性能、成形後の外観を大幅に改善した。カーボン・ニュートラルによる環境性能を維持しながら、一般的なバイオ樹脂に比べて5倍の耐衝撃性を持ち、これまでポリ乳酸系バイオ樹脂の欠点とされていた「もろさ」を大幅に改良して実用性を高めた。

また、ポリ乳酸系の配合率を、用途に合わせて変更でいることが可能であることに加え、加工方法にあわせた流動性を実現することができるため、複雑な形状の成形に向いている射出成形法、ブロー法や押し出し、フィルムなどの各種加工方法に適用することができる。

このため、耐久性や耐衝撃性が必要とされる自動車内装、外装部品やOA機器、家電製品の筐体など、適用範囲や用途の拡大が見込める。

BIOLLOYは、ポリプロピレン、ポリエチレンといったポリオレフィン系樹脂やABS樹脂などと複合化した製品の販売を開始し、順次、ほかの熱可塑性樹脂に展開していく。