ルノースポール国際マーケティングマネージャーのジャン・カルカ氏

ルノー・ジャポンが23日におこなった『ルーテシアゴルディーニRS』の発表会で、ルノースポール国際マーケティングマネージャーのジャン・カルカ氏は2010年の販売状況について、非常に好調に推移していると語った。

「9月末の時点で去年に比べ+72%でした。3年前は世界で1万台の販売だったのに対し、2010年の終わりには3万3000台の予定です」(同氏)

また、日本の輸入車市場においても、「2009年には16位だったのが、2010年においては現在9位、トップテン入りを果たしているのです。しかも、この好調の成果は『メガーヌRS』を導入していない状況での結果なのです」という。その要因として、特に『ルーテシアRS』の好調を挙げた。

「ルーテシアRSの販売台数を世界中で見ると日本は3位。9月末の時点で366台販売しているのです。ちなみにドイツは260台でした」

ルノージャポンでは「フレンチタッチ」、「トレンディ」、「スポーツ」をコンセプトとした「FTS戦略」を掲げブランドの訴求をおこない、好調な販売を続けている。2011年初頭にはメガーヌRSを投入し、販売の約2割を占めるルノースポールモデルを拡充、販売戦略の柱とするねらいだ。

ルーテシアゴルディーニRS発表会(23日) ルーテシアゴルディーニRS ルーテシアゴルディーニRS ルーテシアゴルディーニRS