新型リニア「L0系」13年度末に走行へ…JR東海

JR東海は26日、営業線仕様の超電導リニア新型車両『L0(エル・ゼロ)』系の概要を発表した。今年度内に先頭車2両、中間車3両の5両の製作に着手し、2013年度に完成させ、13年度末に新実験線で走行する予定。

L0系の先頭長はこれまでの試験結果を踏まえ、車内空間の確保と空力特性を考慮して15mとした。車名の、「L(エル)」は「リニア(Linear)」を、「0(ゼロ)」は新幹線と同様に営業線仕様の「第1世代の車両」を表している。

車両は、先頭車4両、中間車10両の合計14両を製作。2013年度までに5両を完成させ、残りの9両は、2015年度までに順次投入する予定。新実験線では、最長12両編成とするなど、14両を様々に組み合わせて営業線へ向けた最終的な走行を行う。

新型リニア「L0系」13年度末に走行へ…JR東海 新型リニア「L0系」13年度末に走行へ…JR東海 新型リニア「L0系」13年度末に走行へ…JR東海