JX日鉱日石エネルギーは、「ENEOSマンション向け戸別太陽光発電システム」の全国販売を10月26日から開始した。

ENEOSマンション向け戸別太陽光発電システムは、同社が開発したパワーコンディショナを用いることで、マンション各戸ごとに太陽光発電を可能としたもの。システムの導入により、各戸ごとに太陽電池モジュールが割り当てられるため、戸建ユーザーと同様、マンションユーザーも太陽光発電による余剰電力の買取制度を利用することが可能となる。

同社ではこれまで、社宅で実証試験や市販新築マンションに先行納入したが、今回販売体制、施工体制、品質保証体制が整ったため、全国での販売を開始する。

同社は、マンションへのシステムの導入提案や、家庭用燃料電池「エネファーム」、住宅用エネルギーモニター「エネウインドウ」の販売を通じて家庭用エネルギー消費でのクリーンエネルギーの活用を促進、CO2排出量削減に貢献する。