レガシィ北米仕様

富士重工業は、2010年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。

国内と北米でスバル『レガシィ』の販売が好調で想定以上の販売台数で推移し、売上高は前回予想よりも540億円増の8040億円となった模様。

収益も売上げ増や諸経費、コスト削減が進んだため、営業利益も前回予想よりも220億円増の570億円、経常利益は250億円増の580億円となる見通し。

当期純利益は210億円増の440億円となった模様だ。

通期業績見通しは11月2日の中間決算公表時に発表する。