新神戸電機は、2011年3月期の通期連結決算業績見通しを上方修正した。

売上高は810億円を予想していたが880億円となる見通し。上半期の自動車生産・新車販売が好調だったのに加え、猛暑の影響で補修用自動車バッテリーの需要が好調だったため。

一方、産業用リチウムイオン電池事業に関する開発、製造への投資を優先するため、関連会社である日立ビークルエナジーの増資を見送る。この結果、同社に関する持分法投資損失として見込んでいた約19億円を計上しないため、経常利益、当期純利益の予想を大幅に修正する。

営業利益は60億円から68億円だが、経常利益は38億円から62億円に修正した。最終利益は15億円を予想していたが38億円となる見通し。