カーステーション(急速充電器あり)

オリックス自動車は、11月15日から2011年3月21日までの間、東京都環境局と共同で電気自動車(EV)を使用したカーシェアリングモデル事業を実施する。

カーシェアリング拠点が少ない多摩地域で、東京都立川合同庁舎構内にカーシェアリング車両として富士重工業のEV、スバル『プラグイン・ステラ』を1台導入する。平日の業務時間中は都が利用し、業務時間外は地域住民などに貸し出す。

モデル事業終了後は、自動車使用量の削減効果や自動車保有形態の変化の可能性、法人利用や地域特性に応じた普及に伴う課題などを東京都と共同で検証する。

環境負荷低減のため、カーシェアリング車両としてEVを利用することで、EVを都民に気軽に体験してもらうることで、低燃費・低公害車の普及に貢献していく。

オリックス自動車は、東京都環境局に2009年2月、都営浅草線10駅にカーシェアリング車両を設置し、カーシェアリングと都営交通の連携を図るモデル事業を実施したほか、今年3月からは東京都荒川区と共同でEVカーシェアリング事業を開始している。