Rossin-Bertin社のスーパーカーVORAX

27日にブラジルで開幕するサンパウロモーターショー。その主役は、ブラジル製スーパーカーとなりそうだ。

このスーパーカーは、ブラジルの新興メーカー、Rossin-Bertin社が開発したモデル。アグレッシブなフォルムが目を引くスーパーカーは、『VORAX』(ヴォラックス)と名付けられた。

Rossin-Bertin社は、37歳と29歳の男性が二人で立ち上げたスーパーカーメーカー。「フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェに対抗できるスーパーカー」をコンセプトに掲げて生まれたのが、VORAXだ。

エンジンは、BMW『M5』用の5.0リットルV10をチューンしたもので、最大出力570psを発生。スーパーチャージャー版も用意され、最大出力は750psに到達する。

カーボンファイバー製ボディとアルミ製シャシーは、トータル重量1300kg。0-100km/h加速は3.6秒、最高速は372km/hと、スーパーカーをうたうに相応しい性能だ。

VORAXは、2011年後半から2012年初頭にかけて、ブラジル・ブルメナウで500から1000台を生産する予定。クーペとロードスターの2ボディが設定される。ベース価格は、70万レアル(約3300万円)程度が見込まれている。

Rossin-Bertin社のスーパーカーVORAX Rossin-Bertin社のスーパーカーVORAX