マスタング

フォード・ジャパン・リミテッドは、新型フォード『マスタング』を10月25日から販売開始した。

新型マスタングは、パワートレインを一新し大幅にパワーアップした。V8モデルは新設計の5.0リットルDOHCエンジンを搭載、V6モデルも3.7リットルV6DOHCエンジンを新たに搭載した。両エンジンともに、エンジンパフォーマンスの向上と燃費改善を可能とするTi-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)を採用する。V8モデルは最高出力418ps、V6モデルは309psを発揮する。

新たに6速オートマチックトランスミッションを採用する。パワーステアリングはこれまでの油圧式からエンジン駆動の負荷を低減する電動パワーアシスト式とし、ドライビングパフォーマンスを向上させるとともに燃費の向上も図った。

エンジンのパワーアップに伴ってボディ剛性を向上、ブレーキディスクローターの大径化やスタビライザー径を拡大した。

このほか、V8 GTモデルのエンジンルームにはタワーバーを標準装備した。これまで同様、フォード独自の車両定化装置アドバンストラックも装備、ドライバーは従来モデル以上に最新の技術によって高い安全性を確保しながら、走行性能の向上を図った。

価格はV8 GTコンバーチブルプレミアムが570万円。