テスラ・モーターズ  アジア太平洋地域ディレクター  ケビン・ユー氏

10月25日、テスラ・モーターズが日本初のショールーム「テスラ・ジャパン・ショールーム」を東京にオープンし、ショールーム内覧会を行った。会場ではアジア太平洋地域ディレクターのケビン・ユー氏が、日本市場参入に際して期待を語った。

「テスラはアメリカに8か所、ヨーロッパに6か所の旗艦店を構えており、アジアでは東京が初めての旗艦店です。東京を最初に選んだのは、日本はエコカーとスポーツカーの両方に理解がある国だからです。インフラはすでに完備されています。ヘヤードライヤーと同じ電源があればいいんですから。しかも1充電で東京から名古屋、新潟、仙台まで行けます。これだけ走ればじゅうぶんではないでしょうか」

販売業務を他の業者に任せず、社員が直接ユーザーと接することもテスラの特徴になっているという。テクノロジーが命の会社だからこそ、ユーザーの声を開発にフィードバックしていくことが大切なのだという。

「私たちは数を売ることよりも、時代を変えたいという思いのほうが強いのです。たとえば携帯電話は、15年前は限られた人しか使っていませんでしたが、今はひとりで2〜3台持っている人もいます。ロードスターの価格がフェラーリより高く、性能がポルシェより遅かったら相手にされないでしょう。でも実際は逆です。石油の時代に終止符を打つ可能性を秘めたクルマなのです」

ケビン・ユー氏はロードスターに自信を持っている最大の理由としてバッテリーを挙げ、日本のパナソニック製であることを強調していた。さらにテスラはトヨタと資本提携を行ってもいることでも有名だ。こうした状況も日本市場重視の姿勢につながっているのかもしれない。

テスラ・ロードスター テスラ・ロードスター テスラ・ロードスター テスラ・ロードスター