GSユアサコーポレーションは、2010年9月中間期の連結業績見通しの利益を上方修正した。

海外子会社の業績が好調に推移したほか、国内自動車電池も記録的な猛暑などの影響で好調に推移した。このため営業利益は30億円から60億円、経常利益は30億円から55億円にそれぞれ上方修正した。

当期純利益は15億円を予想していたが25億円となる見通し。

通期業績見通しは、下期の国内新車需要の減少、円高・株安などによる景気の先行き不透明感があることから前回予想を据え置いた。