電動バイク「シード」

テラモーターズは10月から電動バイクの販売網を大幅に拡大し、大手家電量販店やホームセンターで順次販売を開始する。

同社は電動バイクの世界的な普及に向けて、「より買いやすく」「より低価格」を目標に、商品開発と生産体制の拡充を進めてきた。そして、原付ガソリンバイクと同等の性能と実用性、低価格を実現した電動バイク『シード』(9万9800円)を製品化。

10月1日にヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで販売を開始したのを皮切りに、25日に同マルチメディア梅田、26日にホームセンター・コメリのパワー河渡店とパワー和歌山インター店、そして11月5日に同マルチメディア京都と関西エリアでも販売を展開する。

同社は今後もさらなる販売網の拡大を計画しており、電動バイクも家電のような感覚で買う時代が到来したようだ。