フコクは、2011年3月期の通期連結決算業績見通しを上方修正した。

売上高は450億円を見込んでいたが500億円となった模様だ。エコカー補助金などの効果で自動車生産台数が好調に推移し、受注が想定以上だった。ただ、通期では一部事業の受注の停滞も織り込んだ。

損益では、単独決算で退職給付制度改定に伴って発生した過去勤務債務を一括費用処理したことや、韓国フコクの新工場建設で既存工場のひとつを処分したのに伴って固定資産の減損損失を計上したものの、売上げ増の効果などから営業利益は32億円から35億円、経常利益も32億円から35億円に上方修正した。

最終利益は19億円を予想していたが20億円となる見通し。