フォーチュナー

トヨタ自動車は25日、エジプトでのSUV組立に向けた新会社設立を決定したと発表した。2012年前半にSUV『フォーチュナー』を組立開始予定で、年間3000台程度の組立を計画している。

今後11月中旬を目処に、トヨタ、豊田通商、エジプトの現地販売代理店トヨタエジプト(Toyota Egypt S.A.E.)の3社は合弁契約を締結し、12月中旬にエジプトでCKD組立プロジェクトの準備を進める新会社を設立する。

新会社は、現地での車両の組立会社を選定し、フォーチュナーの組立委託を行うほか、車両の品質管理、需給管理、物流等のマネジメントも行う予定。

CKDとはcomplete knock downの略で、現地に部品を送り組み立てのみを行なう。トヨタは1979年からトヨタエジプトを通じ、同国への輸出・販売を開始し、09年は約1万5000台の車両を販売している。

フォーチュナー