eトロンスパイダー

アウディが今年のパリモーターショーで初公開した『eトロンスパイダー』。その製作過程を紹介した写真が21日、公表された。

同車は、未来のプラグインハイブリッドスポーツの提案。ミッドシップに搭載するのは、3.0リットルV6ツインターボディーゼル「TDI」で、最大出力300ps、最大トルク66.3kgmを発生。フロントアクスルにはモーターが2個レイアウトされ、最大出力88ps、最大トルク35.9kgmを引き出す。

駆動方式は、モーターが前輪、エンジンが後輪を駆動する4WD。0-100km/h加速4.4秒、最高速250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを発揮する。モーター単独で走行できるEVモードを備えることもあり、欧州複合モード燃費は45.5km/リットル、CO2排出量は59g/kmと、環境性能は高い。

今回アウディが公表したオフィシャル写真は、eトロンスパイダーの製作過程を紹介したもの。クレイモデルから実車に反映されるまでの貴重な開発現場を、垣間見ることができる。

eトロンスパイダー eトロンスパイダー eトロンスパイダー eトロンスパイダー eトロンスパイダー eトロンスパイダー eトロンスパイダー eトロンスパイダー eトロンスパイダー eトロンスパイダー eトロンスパイダー