エレクトリック・モータースポート「Native S」

岐阜県で輸入車・バイク販売を手がけるユニオートは10月25日、米国エレクトリック・モータースポート社と輸入販売契約を結び、同社の電動バイク『Native S』と『Native Z6』を発売すると発表した。

エレクトリック・モータースポート社は2001年設立の電動車両開発企業で、バイクのほかATV(オール・テレイン・ビークル)、船外機も手がけている。また伝統のモータースポーツ、マン島TTレースの電気部門オープンクラスでは、2009年に米国企業として初の優勝を手にしている。

スポーツタイプのNative Sは、モーター出力14.2kW(19.6ps)、車両重量135kgで、最高速度はメーカー試験値で112km/hと、電動バイクとしてはトップクラスの数字をマークする。バッテリーはリチウムイオン電池を使い、充電器は内蔵型で、充電時間は4.5時間、満充電での航続距離は96km。

Native Z6はスクーターで、モーターはNative Sと共通だが、バッテリー容量が異なるほか、充電器が別体となるため、車両重量は113kg、充電時間は4時間、航続距離は64kmというスペックになっている。今後、安価な鉛電池仕様も追加する予定になっている。

価格はNative Sが105万円、Native Z6が73万5000円。登録はガソリン車の126〜250ccと同じ軽二輪で、車検は不要となる。

エレクトリック・モータースポート「Native S」 エレクトリック・モータースポート「Native Z6」 エレクトリック・モータースポート「Native Z6」 エレクトリック・モータースポート社の紹介