A6L

メルセデスベンツ、BMW、アウディ。日本でも人気のドイツブランド御三家が、中国プレミアムカー市場で合計76%と圧倒的シェアを獲得していることが分かった。

これは自動車メディアの『オートモーティブニュース』が、中国発の情報として伝えたもの。それによると、メルセデスベンツ、BMW、アウディの3ブランドの中国プレミアムカー市場での合計シェアは、現時点で76%に達しているという。

同メディアは3ブランドの人気の理由として、中国専用のロングホイールベース車の設定を指摘。例えば、アウディ『A6L』と『A4L』は、中国のアウディ販売の約60%を占有。メルセデスベンツは『Eクラス』、BMWは『5シリーズ』に、中国専用のロングホイールベース仕様を投入している。

現地生産を加速させているのも、3ブランドの強み。アウディはA6L、A4L、『Q5』、メルセデスベンツはEクラスと『Cクラス』、BMWは5シリーズと『3シリーズ』を中国で生産中だ。

今年の中国新車販売は、年間1700万台に達する見込みで、2011年には1900万台へ拡大するとの予測もある。ドイツ御三家は、中国プレミアムカー市場での76%のシェアを、さらに広げる戦略を描いている。

Eクラスセダン・ロングホイールベース仕様 5シリーズセダン・ロングホイールベース仕様