カービューは、2010年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。

売上高は22億円を予想していたが24億1100万円となった模様。中古車輸出支援サービスとして実施した新しいサービス「PayTrade」の提供開始や、料金体系の変更などで売上げが堅調に推移した。

収益では売上げ増の効果で営業利益は3億円から3億3500万円、経常利益は3億円から3億3900万円にそれぞれ上方修正した。

当期純利益は、営業利益の増加に加えて、評価性引当金の回収可能性の見直しに伴う繰延税金資産の計上で1億5000万円を予想していたが2億1800万円となった。