JFEホールディングスが発表した2010年9月中間期の連結決算は、営業利益が1148億円となり、黒字転換した。前年同期は409億円の赤字だった。

売上高は前年同期比20.3%増の1兆5722億円と大幅な増収となった。自動車や電機向けをはじめ、鉄鋼需要が回復したのに加え、販売価格も上昇した。

損益でも原料価格の大幅な上昇はあったものの、コスト削減の継続的な取り組みや販売数量の増加の効果で、経常利益は1049億円、当期純利益が460億円と黒字に転換した。

通期業績見通しは売上高が同18.1%増の3兆3600億円、営業利益が同159.1%増の2300億円、経常利益が同217.5%増の2200億円、最終利益が同140.9%増の1100億円に上方修正した。