クロスポロ新型

走り始めて、まずはホッとした。乗り心地がまろやかだったからだ。

現在売っているフォルクスワーゲンでいちばんおだやかではなかろうか。逆に旧型クロスポロはガチガチという言葉がピッタリだった。ドイツ車ひいきの傾向が強い日本のメディアはあまり触れなかったが、モデルチェンジとともに一気にマイルドになったということは、ユーザーからはかなりの不満が寄せられたのだろう。

現在のクロスオーバーは野山を駆ける乗り物ではなく、街でアウトドアファッションを楽しむためのクルマ。だからこそ足回りを快適志向にリセットしたことは正しい。ソリッドな乗り味のポロとの差別化が明確になったという点でも、よかったのではないか。

一部のメディアはダイナミック性能が低下したことを欠点に挙げているようだが、そもそもクロスポロは遊びグルマなのだから、そこまで目くじら立ててチェックしなくてもいいのに、と思う。

むしろおっとりした乗り心地やハンドリングに対して、1.2リットルTSIエンジンと7速DSGによる加減速がタイトすぎて、走りのリズムが合っていないことのほうが気になる。燃費や環境性能は多少犠牲になるかもしれないが、1.4リットル自然吸気のほうがシャシーとの相性はいいはずだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

森口将之|モータージャーナリスト
試乗会以外でヨーロッパに足を運ぶことも多く、自動車以外を含めた欧州の交通事情にも精通している。雑誌、インターネット、ラジオなどさまざまなメディアで活動中。著書に『クルマ社会のリ・デザイン』(共著)、『パリ流 環境社会への挑戦』など。

クロスポロ新型 クロスポロ新型 クロスポロ新型 クロスポロ新型 クロスポロ新型 クロスポロ新型 クロスポロ新型 クロスポロ新型 クロスポロ新型 クロスポロ新型 クロスポロ新型