80台以上が集まった第3回軽井沢FIAT PIC・NIC

前日までの雨がウソのような素晴らしい秋晴れとなった23日、3回目となる『軽井沢FIAT PIC・NIC』が軽井沢中央公民館(長野県北佐久郡)を中心に開催された。

参加資格はフィアット及びイタリア車全般。主催は軽井沢FIAT PIC・NIC実行委員会とチンクエチェント博物館(愛知県知多郡)である。

関東近郊はもちろんのこと、関西圏からの参加も多いこのイベントは、のんびりと、好きなイタリア車をピクニック気分でドライブをしましょうという趣旨で開催されている。今年も、主催者が用意した素晴らしい100kmほどのドライブコースをエントラントはピクニック気分で楽しんだようである。また、その趣旨から家族での参加が多く見られるのもこのイベントの特徴で、非常にアットホームな雰囲気に会場は包まれていた。

しかし、ただ単に軽井沢周辺をドライブするのであれば、途中で飽きてしまうことも考えられる。そこで主催者は、コース上に様々なクイズをちりばめ、そこのポイントまで行かないと解答できないもの(例えばそこにある看板には何と書いてあるか)や、フィアットに関係するクイズなどを用意し、スタートしてからゴールまでの間にそれらを解答させるなど、様々な工夫が凝らされた。

また、タイムラリーも行われたが、それは、スタート時間とゴール時間を計測することで所要時間を測り、主催者が当初から決め表彰式までシークレットにしていた時間にどれだけ近いかという、運任せ的なゲームも用意された。主催者が決めていた時間は充分以上に余裕をもった時間で、途中でゆっくりお茶を飲んで、家族や仲間と語らったり、きれいな景色ではクルマを止めて眺めたりして欲しいという意図が隠されていた。

主催者によると、来年も10月の最終土曜日に開催を予定しているという。

女性ドライバーが操る真っ赤なフィアット500がスタート フロントシート3人掛けで楽しそうなフィアット・ムルティプラ こちらも女性ドライバー、フィアット・プントHGTアバルト ちょっとやる気なフィアット・チンクエチェントのラリーバージョン フィアット・バルケッタも多数参加。高原をオープンで走るのは最高の気分だろう ちょっと怒ってる? フィアット500 イタ車の痛車も参加 軽井沢を走る参加車。アバルト695SS スタート地点と同じ軽井沢中央公民館にゴール 無事に帰って来たエントラント達。これから楽しい表彰式が待っている 3回軽井沢FIAT PIC・NICお開き。この日は浅間山がこのようにくっきり見えた