プレマシー

水の流れを表現したというボディサイドのデザインはなかなか斬新だが、最近のマツダ顔を採用したフロント回りとの一体感はもうひとつの印象がある。

“スタイル重視の多人数乗車ミニバン”という点でキープコンセプトのフルチェンジながら、安全装備は最新の基準に合わせているし、i-stop装着車には横滑り防止装置のDSCも標準で付くようになったから確実に進歩したのは確か。ただ、安全装備に関してはもっと積極的な姿勢が欲しい。

走りの印象は前のプレマシーとは大きく変わった。というか、マツダ車はほとんどすべてがきびきびした走りを追求する方向の味付けがなされてきたが、今回のプレマシーではドライバーの操作に対して敏感に反応するより、より自然な挙動になるような味付けがなされている。これがなかなか良い。

とりわけプレマシーのようなミニバンでは、ドライバー以外の乗員のことを考えたら、敏感な挙動などはむしろ禁物である。

アクセラ、ビアンテに続き、プレマシーにもi-stopが装着された。これによってカタログ燃費は向上しているのだが、試乗時にはなかなかエンジンが止まらなかった。アイドリングストップ機構は一定の条件下で働くのだが、もう少し簡単にエンジンを止めるような設定にしたほうが良いと思う。

プレマシーの一番の魅力は価格。購入時には電動スライドドアなどオプション装着が必要だが、車両価格はウィッシュやストリームに比べてはっきり安い。小型ミニバンを買うなら買い物リストに入れて検討したい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

プレマシー プレマシー プレマシー プレマシー プレマシー