MR-S

ケータイ燃費管理サイト『e燃費』に投稿された、9月の実燃費ランキングをチェック! 今回は、今や絶版となってしまった国産スポーツカーに注目。各メーカーで最も実燃費の良かった、現在販売されていないスポーツカーのデータを調べた。

トヨタ、ホンダ、日産、三菱、マツダの5社で最も燃費の良かった絶版スポーツカーは以下の通り。ダイハツ、スバル、スズキについては絶版スポーツカーに該当する車種データがなかったため除外している。

●トヨタ MR-S(2000年)1800cc・AT…13.2km/リットル
●ホンダ インテグラタイプR(1993年)1800cc・MT…10.5km/リットル
●日産 シルビア(1999年)2000cc・MT…9.5km/リットル
●三菱 FTO(1994年)2000cc・MT…9.2km/リットル
●マツダ RX-7(1991年)※・MT…6km/リットル
※ロータリーのため排気量表記なし

トヨタ『MR-S』がダントツのトップだった。他車種と比べ高年式であること、2シーターの小型軽量ボディであることが好燃費をもたらしていると思われる。カタログ燃費も14.2km/リットル、燃費達成率93%と、最新のエコカーにひけをとらない。

現行車種(または現行車種があるクルマ)を含めた場合、ハイブリッドの『CR-Z』を除くと、1位がMR-S(同上)、2位がマツダ『ロードスター』(12km/リットル)、3位がホンダ『シビックタイプRユーロ』(10.8km/リットル)で、軽量オープンカーがワンツー。ちなみに4位も軽量オープンのホンダ『S2000』(10.1km/リットル)という結果だった。

e燃費の車種別ランキング、リアルタイム投稿情報は『カーライフナビ』でチェックすることができる。

カーライフナビURL
http://carlifenavi.com/

インテグラタイプR シルビア RX-7 S2000 ロードスター(2代目)