VT400S

ホンダは、水冷4ストロークV型2気筒400ccエンジンを搭載したロードスポーツモデルの新型車『VT400S』を11月5日から発売する。

VT400Sは「カジュアル・ロードスター」をコンセプトに開発した。エンジンは「シャドウクラシック」と同じ水冷4ストロークV型2気筒400ccを搭載し、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)の採用とともに、力強く上質な走りを発揮する。

車体は、750mmの低いシート高で、足着き性とアップライトなポジションを組み合わせることで、取り回しやすさを高めた。スタイリングは、流麗なティアドロップ型のフューエルタンク、ブラックを基調にクロームメッキのパーツを組み合わせたエンジン、軽快感のあるスポークホイールなど、パーツの質感を高めながら、全体をシンプル、カジュアルなイメージでまとめた。

ホンダの400ccクラスのスポーツモデルは、クルーザータイプの『シャドウクラシック<400>』、『シャドウカスタム<400>』、ネイキッドタイプの『CB400 SUPER FOUR』、『CB400 SUPER BOL D'OR』をラインアップしており、これにロードスターモデルを加えることで、幅広いユーザーのし好に対応する。

価格は64万9950円から。

VT400S VT400S VT400S