川崎重工業は、2010年9月中間期の連結決算業績見通しを修正した。

売上高は5800億円を予想していたが5717億円とほぼ想定していた程度になった。

収益では円高による為替差損で損益が悪化したものの、精密機械事業や既に受注しているプラント・環境事業の収益好転でカバー、営業利益は150億円から209億円、経常利益は140億円から212億円にそれぞれ上方修正した。

当期純利益は70億円を予想していたが123億円となった。通期業績見通しは中間決算公表時に発表する。