宇部興産は、2011年3月期通期連結業績の見通しを上方修正した。

化成品・樹脂セグメントが需給バランスの改善で製品価格と原材料価格の差が想定以上に拡大したのに加え、機能品・ファインセグメントのポリイミドや電池材料などの各製品の販売数量が予想以上に伸びた。

このため、売上高は6100億円を予想していたが6130億円となる見通し。収益も330億円から360億円、経常利益は245億円から285億円にそれぞれ上方修正した。

最終利益も145億円を予想していたが170億円になる見込み。