岩谷産業は2010年9月中間期の連結決算業績見通しを修正した。

売上高は2917億円を予想していたが2839億円と、予想よりも78億円下方修正した。

営業利益はLPガス輸入価格の下落で在庫が高値となり減益要因があったものの、産業ガス・溶剤事業やマテリアル事業が予想を上回ったことや経費削減効果で30億円を予想していたが34億1000万円となった模様。経常利益も25億円から35億7000万円に上方修正した。

当期純利益は3億5000万円を見込んでいたが8億2000万円となる見込み。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。