東芝は、2010年9月中間期の連結決算業績見通しを修正した。円高や携帯電話事業を富士通と事業統合したことなどから売上高は前回予想よりも2200億円マイナスの3兆0800億円となった。

営業損益では、NAND型フラッシュメモリを中心に半導体事業が回復、液晶ディスプレイ事業も黒字化したため、前回予想よりも340億円増益の1040億円となった模様。

税引前四半期純利益は200億円を予想していたが680億円となる。当期純利益は100億円から270億円に上方修正した。