エアモーションコンセプト

ロサンゼルスモーターショー主催団体は20日、「第7回デザインチャレンジ」に参加する各社の作品を公開した。ボルボカーズは、『エアモーションコンセプト』を出品する。

デザインチャレンジは、ロサンゼルスモーターショーの恒例イベントのひとつ。米国カリフォルニア州にデザイン拠点を置く自動車メーカーが参加するデザインコンペティションだ。2010年は、GM、ホンダ、ヒュンダイ、マツダ、メルセデスベンツ(スマートとマイバッハ含む)、日産、トヨタ、ボルボの8社がエントリーしている。

今年のテーマは、「1000ポンド(約454kg)の車」。快適性や衝突安全面など、車の基本性能は満たしたうえで、究極の軽量車のデザインを競い合う。

ボルボのエアモーションコンセプトは、ボルボ独自のスカンジナビアンデザインに、F1マシンよりも軽い1000ポンド(約454kg)以下のウェイトを組み合わせた。これにより、高い運動性能を備えた未来カーを提示する。

軽量化のために、ボルボは部品点数を大幅削減。カーボンファイバー素材を積極的に活用する。また、エンジンに代えて、圧縮空気で動くモーターを搭載。このモーターは新技術によって、重量増の要因となる冷却システムを簡素化することに成功している。

ボルボは、「エアモーションコンセプトが、安全性や環境性能を維持しながら、新次元のドライビングプレジャーをもたらす」と語っている。

エアモーションコンセプト エアモーションコンセプト エアモーションコンセプト エアモーションコンセプト エアモーションコンセプト エアモーションコンセプト