アイシン精機、車両周辺監視システム

アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュは、10月25日から10月29日まで、韓国・釜山で開催される「第17回ITS世界会議釜山2010」に共同出展する。

今回「ホーム・トゥ・ディスティネーション ユビキタスITSテクノロジー・バイ・アイシン」をテーマに、最新のITS関連製品を体験できるデモンストレーション機や映像を使ってアイシングループの技術力や総合力を展示ブースで紹介する。

アイシン精機は、複数のカメラによる映像合成技術を使って駐車時に自車と周辺の障害物の位置関係を直感的にわかるよう表示し、より駐車をしやすくする「車両周辺監視システム」を展示する。ドライバーの居眠り運転報知を目指し、居眠り判定の一助となる心拍検知センサーを座席に組み込んだ「ドライバーモニターシステム」などの最新技術も紹介する。

アイシン・エィ・ダブリュは今回、最新のカーナビゲーションシステム4機種と、「地図差分配信システム」などのITS技術を紹介する。また、車が一時停止線に安全に停止できるようブレーキ操作をアシストする「ナビ協調ブレーキ制御」などの最新技術を体感できるシミュレーターも設置する。

このほか、両社はITS世界会議で、研究開発法人である米国のイムラ・アメリカ、フランスのイムラ・ヨーロッパ2社を加えたアイシングループ4社が8件の技術論文を発表する。

アイシン・エィ・ダブリュ、日本向けSDナビゲーションシステム