アエラ

ロサンゼルスモーターショー主催団体は20日、「第7回デザインチャレンジ」にエントリーする各社の作品を公開した。GMの作品は、キャデラック『アエラ』だ。

デザインチャレンジは、ロサンゼルスモーターショーの恒例イベント。米国カリフォルニア州にデザイン拠点を置く自動車メーカーが参加するデザインコンペティションだ。今年は、GM、ホンダ、ヒュンダイ、マツダ、メルセデスベンツ(スマートとマイバッハ含む)、日産、トヨタ、ボルボの8社が、参加している。

今年のテーマは、「1000ポンド(約450kg)の車」。快適性や衝突安全性能を満たしたうえで、究極の軽量車のデザインを競い合う。

キャデラックのアエラは、同ブランドの理念である「アートオブサイエンス」を発展させ、先進的でスタイリッシュな超軽量車を提案した1台。車名は、エアロ+エラの造語だ。

ボディタイプは、2+2のツーリングクーペ。モノフォームフレーム構造のボディには、NASA(米航空宇宙局)が2003年の火星探査で使用した「マーズローバー」と同様の素材を採用。車両重量は1000ポンド(約450kg)に抑えられた。

パワートレインは、圧縮空気を利用したPDSと呼ばれるシステム。690気圧で圧縮された空気により、最大航続距離1000マイル(約1600km)を実現する。

AIO(オール・イン・ワン)と呼ぶホイールシステムは、車輪内にステアリングやサスペンション機能を内蔵。GMが開発を進める自動運転システム、「V2V」も搭載されている。

GMは、「スタイリッシュで軽量なアエラは、最小限のアプローチで、長距離ツーリングを可能にする」とコメントしている。

アエラ アエラ アエラ アエラ アエラ アエラ