バイオーム

ロサンゼルスモーターショー主催団体は20日、「第7回デザインチャレンジ」に参加する各社の作品を公開した。メルセデスベンツは、『バイオーム』(生物圏)を出品する。

デザインチャレンジは、ロサンゼルスモーターショーの恒例イベントのひとつ。米国カリフォルニア州にデザイン拠点を置く自動車メーカーが参加するデザインコンペティションだ。2010年は、GM、ホンダ、ヒュンダイ、マツダ、メルセデスベンツ(スマートとマイバッハ含む)、日産、トヨタ、ボルボの8社がエントリーリストに名を連ねる。

今年のテーマは、「1000ポンド(約450kg)の車」。快適性や衝突安全性能を満たしたうえで、究極の軽量車のデザインを競い合う。

メルセデスベンツのバイオームは、植物のように種から成長を遂げる車を提案。ボディがだんだん大きくなっていくという、なんとも大胆なアイデアだ。

バイオームには、自然との共生を図る「シンバイオシス」(Symbiosis)という考え方を導入。この考え方の下では、車は自然界の木の葉のように、エコシステムの一部として機能する役目を担う。具体的には、太陽エネルギーを車両に蓄え、動力源として利用しつつ、大気中に酸素を放出するという。

太陽エネルギーを車両に蓄える場所には、「バイオファイバー」という新素材を使用。鉄よりも軽量高剛性というメリットを備え、車両の軽量化に貢献する。この結果、車両重量は875.5ポンド(約397kg)に抑えられた。

メルセデスベンツは、「自然からのテクノロジーを応用した超軽量車」と、バイオームの狙いについて説明している。

バイオーム バイオーム バイオーム バイオーム バイオーム バイオーム バイオーム