次世代自動化ゲートシステム

沖電気工業は、新国際旅客ターミナルの運用が開始された羽田空港に国際空港用「次世代出入国管理業務個人識別情報自動化ゲートシステム」2式を納入した。

同システムの設置は成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港に続いて国内4空港目となる。

次世代自動化ゲートシステムは、出入国審査時に指紋(個人識別情報)を利用して本人確認を行う出入国管理システム。システムはコンパクトで、人間工学に基づいた設計となっている。個人識別情報で厳格なセキュリティ管理をともなう出入国審査の業務の効率化が図れる。

同社は法務省入国管理局から受注し、10月21日オープンした羽田空港の新国際線旅客ターミナルの新出入国用に納入した。