プレマシー

手ごろな価格とボディサイズ、十分な室内空間に、フレキシブルにアレンジできる2列目シート、そして両側スライドドアと、1台の中にいろんな要素を集約したクルマ。

そのオールラウンドさだけでも、プレマシーの強さは十分に発揮されているところに、新型ではさらに、個性的なエクステリア、i-stop、上質な走りという3つの武器が加わった。中でもユーザーにとってもっとも恩恵が大きいのは、走りの洗練だろう。

従来は、わかりやすいスポーティさの演出があり、それはそれで楽しかった。しかし、クルマの挙動に気配りできる人が運転するぶんにはいいが、運転の不得手な人のドライブで同乗すると、アクセルを踏めば踏んだ以上にグンと加速し、ハンドルを切ればクルッと曲がるなど、ランダムに発生するGによって不快な思いをさせられる感じだったのは否めない。

ところが現行モデルは一連の操作に対して、踏んだら踏んだぶんだけ、切ったら切ったぶんだけ、とてもリニアにクルマが反応するようになった。

さらに、ステアリングフィールのしっかり感が増し、乗り心地はより快適になった。

従来モデルとは考え方が違うだけで、技術的に何かブレークスルーがあったわけではないし、この良さを言葉で伝えるのはとても難しいところだが、とにかくとても良くなったことをご理解いただければと思う。

1台ですべてを賄いたいユーザーにとって、これに勝る「最大公約数」はないだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★


岡本幸一郎|モータージャーナリスト

1968年富山県滑川市生まれ。学習院大学卒業後、生来のクルマ好きが高じて自動車メディアの世界へ。自動車情報ビデオマガジンの編集部員、自動車専門誌の記者を経てフリーランスへ。「クルマ好きのプロ」として、ユーザー目線に立った視点と幅広い守備範囲を自負し、近年はWEB媒体を中心に活動中。レスポンス試乗記には、他媒体では諸事情により書きにくい本音も吐露!?

プレマシー プレマシー プレマシー プレマシー 岡本幸一郎