ポメラに「ジオン軍 モデル」、「シャア・アズナブル モデル」、「ランバ・ラル モデル」(C)創通・サンライズ

バンダイとキングジムは21日、『機動戦士ガンダム』とのコラボモデル、デジタルメモ『ポメラDM11G』を12月10日発売すると発表した。ガンダム用語を事前登録し、シャア・アズナブル、ランバ・ラル、ジオン軍の3タイプを用意した。

製品は、「シャア・アズナブル」、「ランバ・ラル」、「ジオン軍」の各モデルごとにデザインされたパッケージ、トップパネル、キーボード文字となっており、ポメラを収納する専用ケースが付属する。

起動時には、TVアニメの各話のタイトルを第1話から順番に表示し、終了時には、モデルごとの名場面シーンとモビルスーツやメカのスペックがランダムに表示される。さらに、登場人物や機体名など、通常のパソコン等では変換が難しいガンダム用語が事前に登録されているため、スムーズにガンダム用語満載の文章を入力することができるなど、遊び心のある演出が施された。

ポメラのメインユーザーである30代〜50代の男性をメインターゲットにバンダイが企画、キングジムが製造・販売を行う。価格は3万9900円。10月21日11時00分よりプレミアムバンダイサイトにて予約受付を開始予定。

ポメラに「ジオン軍 モデル」、「シャア・アズナブル モデル」、「ランバ・ラル モデル」(C)創通・サンライズ ポメラに「ジオン軍 モデル」、「シャア・アズナブル モデル」、「ランバ・ラル モデル」(C)創通・サンライズ ポメラに「ジオン軍 モデル」、「シャア・アズナブル モデル」、「ランバ・ラル モデル」(C)創通・サンライズ