車重はわずか363kg、圧縮空気で走るエアコンセプト

ロサンゼルスモーターショー主催団体は20日、「第7回デザインチャレンジ」にエントリーする各社の作品を公開した。ホンダの作品は、『エアコンセプト』だ。

デザインチャレンジは、ロサンゼルスモーターショーの恒例イベントのひとつ。米国カリフォルニア州にデザイン拠点を置く自動車メーカーが参加するデザインコンペティションだ。2010年は、GM、ホンダ、ヒュンダイ、マツダ、メルセデスベンツ(スマートとマイバッハ含む)、日産、トヨタ、ボルボの8社がエントリーリストに名を連ねる。

今年のテーマは、「1000ポンド(約450kg)の車」。快適性や衝突安全性能を満たしたうえで、究極の軽量車のデザインを競い合う。

ホンダのエアコンセプトは、軽量で代替燃料を使用した未来の車を提案。アクティブなライフスタイルに似合う高速クルーザーというコンセプトだ。

デザインのモチーフは、ローラーコースターとスカイダイビング用のウイングスーツ。動力源は圧縮空気で、ホンダによると、最大160kmを走行できるという。

ボディパネルには、野菜から抽出したポリマーを使用。爽快なオープンドライブと高いボディ剛性も追求された。軽量化とパフォーマンスを両立するため、ハブレスホイールを採用。グラスファイバーで補強されたシートパネルやウレタン構造のタイヤも、劇的な軽量化に貢献する。

エアコンセプトの車重は、800ポンド(約363kg)と、驚異的軽さを実現。ホンダは同社の理念、「パワー・オブ・ドリーム」にちなんで、「エア・オブ・ドリーム」と表現している。

エアコンセプト エアコンセプト エアコンセプト エアコンセプト エアコンセプト エアコンセプト