タカタは、2010年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。

米国自動車市場の回復や国内のエコカー補助金による自動車販売の増加で、自動車生産台数が増加し、同社の受注も予想以上のレベルで推移、売上高は前回予想よりも110億円増の1930億円となった模様だ。

収益は売上げ増に加え、コスト削減にも継続して取り組んだことから、営業利益は95億円を予想していたが130億円となる見通し。経常利益は90億円から130億円、中間期利益は59億円から100億円にそれぞれ上方修正した。

通期業績見通しは中間決算公表時に発表する。