SKYACTIVエンジン

研究開発担当の金井誠太専務は、2011年前半に日本市場に投入する『デミオ』について「次世代エンジンの『SKYACTIV-G』に『i-stop』を追加し、若干の車体関係の改良を行った」と説明した。

このデミオは電気モーターによるアシストなしに、30km/リットル(10・15モード)の燃費性能を目指しており、ガソリン車としては最高の燃費を達成する見通し。

SKYACTIVシリーズは、エンジンのほかトランスミッションや従来モデルより100kg以上の軽量化を実現する車体やシャシーで構成される。来年投入のデミオは、このうちエンジンのみの採用となる。

金井専務は2015年までにはほぼすべてのモデルで、SKYACTIVのコンポーネンツを採用するとしており、デミオについても順次、ミッションや改良型の車体などを搭載する。このため、同車の燃費性能はさらに高められていく見通しだ。

i-stop SKYACTIV-D(スカイアクティブディー) i-stop付きアクセラ i-stop付きビアンテ 金井専務(資料画像)