セールスドライバーが新型携帯端末で業務をする様子

佐川急便は、セールスドライバーが集配業務で使用する携帯端末としてバーコードスキャナ付きスマートフォンを10月21日から全国で2万4000台導入する。

新型携帯端末は、同社の送り状発行システムやウェブサービスの画面から、集荷時間や配達時間など、顧客が問い合わせ内容を入力して送信するとと、同社サーバーを経由して担当ドライバーの端末にメールが配信される「簡易メール機能」がある。ドライバーはメール受信後、定型文から返答内容を選択し、顧客に返信するもで、2011年からこのサービスを開始する。

また汎用性があるため、アプリケーションのバージョンアップなどに柔軟に対応できるほか、グループ内でプライベートクラウド化された社内システムとの連携も強化していく。

ドライバーの携帯端末台数もこれまでの4台から2台に半減できるほか、小型軽量化・タッチパネル化された新型携帯端末により、ドライバー業務の簡素化や負荷軽減も図れる。

セールスドライバーが新型携帯端末で業務をする様子