SKYACTIV-D(スカイアクティブディー)

マツダは、2011年から発売する商品ラインナップに搭載する次世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」を採用したディーゼルエンジンを発表した。

次世代クリーンディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D」は、世界一となる低圧縮比14.0を達成することで、尿素SCRやNOx吸着触媒(LNT)など、貴金属を使用して高価なNOx後処理装置なしで、欧州のユーロ6や日本のポスト新長期規制、北米のTier2Bin5といったグローバルの排出ガス規制をクリアする。

低圧縮比とすることで燃費も従来ディーゼルエンジンと比べて約20%の改善する。また、2ステージターボチャージャーの採用により、低速から高速までスムーズでリニアなレスポンスと低速域、高速域の大幅なトルク向上を実現すると、している。

SKYACTIV-D(スカイアクティブディー)