SKYACTIV-G(スカイアクティブジー)

マツダは、2011年から発売するモデルに搭載する次世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」を採用した商品の第一弾として、世界初の圧縮比14.0を実現し、電動アシスト無しで10・15モード燃費30km/リットルを達成した次世代直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」を開発した。

電動アシストを持たない量産エンジンの燃費性能では最高レベルとなる。新開発エンジンは新型『デミオ』に搭載して国内では2011年前半に発売する。

SKYACTIV-Gは、4-2-1排気システム、キャビティ付ピストン、マルチホールインジェクターなどの採用で量産用ガソリンエンジンとして世界で初めて圧縮比14.0の高圧縮を達成した。エンジンの効率を大幅に高め、従来比で燃費・トルクをともに15%向上した。低中速トルクの増大による実用域での使いやすさも向上している。

SKYACTIV-G(スカイアクティブジー) SKYACTIV-G(スカイアクティブジー)