イメージ

16日午前10時ごろ、和歌山県日高川町内の国道424号で、道路を横断していた77歳の女性が、進行してきた軽乗用車にはねられる事故が起きた。女性はドクターヘリで搬送されたが、収容先の病院で死亡している。

和歌山県警・御坊署によると、現場は信号機や横断歩道の無い三叉路交差点。女性は横断を開始した直後、左方向から進行してきたクルマにはねられたものとみられている。

女性は数メートル弾き飛ばされて頭部を強打。ドクターヘリで和歌山市内の病院に搬送されたが、約6時間後に死亡した。クルマを運転していた有田市内に在住する81歳の男性と、同乗していた78歳の女性にケガはなかった。

現場は日高川町熊野川付近で、片側1車線の直線区間。警察では双方の安全確認に怠りがあったものとみて調べを進めている。