3008

プジョーが手がけた初のSUVとしての出来栄えも気になるところだが、このクルマに接して感じたのは、プジョー車としての新しいフェイズに入ったクルマであるということだ。スタイリングはこれまでになかったテイストだし、インテリアも一連のプジョー車とは異質の雰囲気がある。

デザインだけでなく、走りもしかり。待望の6速ATが組み合わされたパワートレインにより一気に時代に追いついたのはよしとして、ここで新しいフェイズを感じたことを伝えたいのはフットワークのほうだ。

プラットフォームは『308』系なので、走りの基本的な部分は似ている。ポテンシャルとしてはキャパシティが不足気味なのか、タイヤの大径化の影響は小さくないようで、荒れた路面では少々バタつきやすい。全体的にやや突っ張った印象もあって、いわゆる「猫足」というイメージではない。

しかし、高速巡航時にはフラットに落ち着くし、コーナリングでの姿勢変化もほどよく抑えられていて、「ダイナミックロールコントロール」の効果らしきものはそれなりに感じられる。

プジョーの開発陣も、たとえこの車高だろうと、やろうと思えばもっと「猫足」のイメージに近づけることはできたのだろうが、それでは操縦安定性がおぼつかなくなりそう。

優先すべきものを曲げてまで、往年の縛りに捉われることはしなかったのだろう。
実は同様のことは、最近の『207』や308などにもすでに表れている気もする。
これが「進化した猫足」なのかな…?


■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★


岡本幸一郎|モータージャーナリスト

1968年富山県滑川市生まれ。学習院大学卒業後、生来のクルマ好きが高じて自動車メディアの世界へ。自動車情報ビデオマガジンの編集部員、自動車専門誌の記者を経てフリーランスへ。「クルマ好きのプロ」として、ユーザー目線に立った視点と幅広い守備範囲を自負し、近年はWEB媒体を中心に活動中。レスポンス試乗記には、他媒体では諸事情により書きにくい本音も吐露!?

3008 3008 3008 3008 岡本幸一郎