フィット 13Gスマートセレクション

ハイブリッドモデル追加、またエンジン、シャーシ各部にも手が入るなど、大規模なマイナーチェンジが施されたコンパクトカー、ホンダ『フィット』。その新型モデルに早速試乗し、燃費チェックをしてみた。

試乗車は「ハイブリッド」、1.3リットルの「Gスマートセレクション」、1.5リットルのスポーティモデル「RS」の3車種で、トランスミッションはすべてCVT。走行にあたっては、飛ばしもせず、ノロノロ走行もせずという、ごく普通のエコ走行を心がけた。今回は販売の中核を担う1.3リットルのGスマートセレクションをレポートする。

試乗コースはお台場にある船の科学館を出発。まずレインボーブリッジの一般道を走り、芝浦インターチェンジで首都高1号線に乗り、羽田で下りる。その後、空港拡張で話題になっている東京国際空港の国際線ターミナル近くを通る一般道を走行。最後に首都高の空港中央インターから首都高湾岸線でお台場に戻るという、全長約35kmのルートだ。

1.3リットルの大きな変更点は、ピストンの摩擦低減をはじめ、エンジン本体の多くの箇所が再設計されたことと、エンジンの燃焼効率が良い領域を積極的に使うパワートレイン制御「ECONモード」が追加されたこと。10.15モード燃費はマイチェン前に比べて0.5km/リットル向上し、24.5km/リットルとなった。

走り始めてみると、こちらもビッグマイナー前のフィットとかなりフィーリングが異なる。ECONモードの効き目はかなり明確。ホンダのCVTはこれまで、スロットルを少し深く踏み込むと、とたんにエンジンを無意味に回すようセッティングされる、悪癖とも言える傾向があり、ユーザーの運転技術レベルによって燃費に大差が出ることが多かった。が、ECONモードをONにしているときは、タウンスピードの中で緩やかに加速したいときなど、エンジンのトルクを使って静かにぐいっと前に進むようなフィーリングに変わった。

このセッティングならば、燃費走行にそこまで神経質にならずとも、良好なスコアが出るのではないかと感じられた。果たしてオンボードコンピュータ上の燃費値も23.2km/リットルとなかなか良好であった。アイドリングストップなどの先進デバイスが実装されていないため、混雑した都市部の道路を走行するといった厳しい条件ではハイブリッドに比べてそれなりのビハインドを負うことになりそうだが、ベースモデルは123万円からという価格も相まって、地方道メインならば経済性は十分に高いと言える。

フィット 13Gスマートセレクション 13Gに搭載される1.3リットルエンジン フィットの車内 フィットのメーターパネル ECONボタン