韓国釜山で開催されるITS世界会議の出展ブースイメージ

富士通テンは、10月25〜29日に、韓国の釜山で開催される「第17回ITS世界会議釜山2010」に出展する。

今回の出展テーマは「安全で環境にやさしい次世代の交通システムで、人・クルマ・社会をつなぐ」。ブースは「安全・安心コーナー」と「環境コーナー」に分けて、同社の製品や最新技術を紹介する。

安全・安心コーナーでは、立体的な俯瞰映像で様々な視点から車両周囲を表示し安全運転をサポートする世界初の技術「マルチアングルビジョン」や、先行車との距離や角度、相対速度を計測する「ミリ波レーダ」の新製品など、カーエレクトロニクスとICTを融合させた製品を出品する。

また、環境コーナーには、事故の前後数十秒間の映像と音声を記録するドライブレコーダーの機能に、独自のエコ安全運転支援ソフトを使って、長時間のアイドリングや速度超過、急加速の回数や時間などを総合的に判断し、一目で分かる「エコ運転率」も表示する「OBVIOUSレコーダー」G300シリーズを出展する。。

マルチアングルビジョン 車載用76GHzミリ波レーダ