14日午後0時35分ごろ、東京都青梅市内の市道で、横断歩道を渡っていた自転車に対し、赤信号を無視して進行してきた中型トラックが衝突する事故が起きた。自転車に乗っていた20歳の女性は約50mに渡ってひきずられ、収容先の病院で死亡している。

警視庁・青梅署によると、現場は信号機が設置された丁字路交差点。自転車は青信号に従って道路を横断していたが、そこに赤信号を無視したトラックが突っ込んできたとみられる。

自転車は転倒。乗っていた20歳の女性はトラックの底部に挟み込まれたまま、約50mに渡ってひきずられて全身を強打。近くの病院に収容されたが、約2時間後に死亡した。警察はトラックを運転していた栃木県佐野市内に在住する41歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。女性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

現場は青梅市新町9丁目付近で、片側1車線の直線区間。調べに対して男は「赤信号を認識したが止まれなかった」などと供述しているようだ。警察では漫然運転が事故の主因とみて、事故発生の状況について調べを進めている。