日本自動車工業会は、自工会と国内自動車メーカーの環境に関する2009年度の様々な取り組みをまとめた「環境レポート2010」を発行した。

環境レポートは、製品設計・開発段階から生産・使用・リサイクルまでのライフサイクルを通した様々な取り組みについて、分野・テーマごとに目標を掲げ、その実績を掲載する。

2009年度のレポートによると、ガソリン乗用車の新車平均燃費は年々向上し、18.1km/リットルに達した。2010年度燃費基準平均の14.8km/リットルを大幅に上回っている。また、低排出ガス認定車の新車に占める割合は98%となった。特に2005年排出ガス基準75%低減車(4ツ星)はこのうちの約9割を占めた。

自動車リサイクルへの対応では、ASR(シュレッダーダスト)のリサイクル率は77.5〜82.1%に向上した。2015年度以降の目標値70%を大きく上回っている。

このほか、生産に関するCO2排出量低減、廃棄物の低減についての2010年度各目標も達成したとしている。