ゴルフ

フォルクスワーゲングループは15日、9月の世界新車販売の結果を公表した。アウディやセアト、シュコダを含むグループの総販売台数は66万3100台で、前年同月比は7.9%増だった。

今年1〜9月の累計世界販売は、537万台。前年同期比は12.7%増を記録した。市場別では、中国が39%増の148万台をセールスし、好調ぶりをアピール。米国も21.2%増の26万7500台と、引き続き好調だ。

欧州は、前年同期比1.1%増の250万台と、前年実績をクリア。しかし、地元ドイツでは、19.3%減の77万台にとどまった。ロシアはインセンティブ導入の効果で回復し、27.2%増の9万2300台と躍進している。

ブランド別では、フォルクスワーゲンの乗用車部門が、前年同期比12.2%増の339万台を達成。アウディは17.6%増の82万9300台、シュコダが12.8%増の56万9000台、セアトが1.4%増の25万9100台となった。

フォルクスワーゲングループのクリスチャン・クリングラー販売担当取締役は、「年間での販売新記録に向けて、順調な足取り。引き続き革新的で環境に優しい新型車を積極投入する」とコメントしている。

ティグアン ラヴィダ ボーラ